Photo album

TEL&FAXによる配送を承り中! FAXご注文書はこちら



  
 

トップ > 全商品 > 安土草多 鳴門グラス
キッチン・ハウスキーピング・フード > キッチン > 洋食器 > グラス ガラス食器 > 安土草多 鳴門グラス
ブランド一覧 > かな > ア行 > 安土草多(あづち そうた) > 安土草多 鳴門グラス

安土草多 鳴門グラス 安土草多 鳴門グラス 安土草多 鳴門グラス 安土草多 鳴門グラス 安土草多 鳴門グラス
安土草多 鳴門グラス 安土草多 鳴門グラス 安土草多 鳴門グラス 安土草多 鳴門グラス 安土草多 鳴門グラス
拡大画像

安土草多 鳴門グラス

岐阜県・飛騨高山のガラス作家安土草多の作品。レトロな雰囲気漂うロックグラス。

【glass ガラス コップ 吹きガラス 手作り ギフト】

商品コード : kt02-465
価格 : 3,200円(税別)
ポイント : 96
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
安土草多 鳴門グラス




来客用にも◎スタイリッシュで使い勝手の良いガラスコップ
 
ガラス作家・安土草多

岐阜県飛騨高山で吹きガラスを制作する安土草多(あづち そうた)さんの鳴門グラスが
届きました。

同じ透明なガラスで同じように窯で作られている製品が多くある中で、個性を出すのは難しいこと。

そんな中、安土草多さんの作るガラス作品は、あたたかみがあります。

冷たく固い印象のガラスが不思議とやわらかく感じる、人間味のある作品です。

吹きガラスとは

吹きガラスには、「宙吹きガラス」と「型吹きガラス」の2種類あります。

基本はどちらも同じで、まず穴のあいた吹き竿の先端に高温で水飴のように溶けたガラスを巻き取ります。

できたガラス玉の内側に息を吹き込むことにより膨らませ、形が歪まないように、常に竿をクルクルと
回転させることが基本です。

「宙吹きガラス」は、その名の通り、空中で竿に息を吹き混みながら成形をする方法。

安土草多さんも父である安土忠久さんから学んだ技法です。

主にやわらかいガラス自身の重さに働く重力とそれが垂れないように竿を回すわずかな遠心力だけで
形を整えるため、ひとつひとつ形が異なります。

一方「型吹きガラス」は、吹き竿につけたガラス玉をあらかじめくりぬいておいた型に差し込み、
その状態で竿に息を吹き込み成型する方法です。

作品の形を簡単に整えることができ、宙吹きガラスより実用的ですが、機械のように全てを同じようには
作れません。

力を入れて吹いたときやガラスの温度、型に入れている時間など、手作業ゆえの細かな魅力が生じます。

型を使うことにより、宙吹きガラスよりもシャープなカクカクとした作品を作ることが可能です。

手作りならではの歪み

量販品と違い、手作りのためひとつひとつ作品には個性があります。

製作過程で意図した歪みと偶然できた歪みが、世界にたったひとつの表情を生み出す奇跡のガラスです。

偶然にできた歪みも必然性があるはず。それも楽しんで頂ける方に使っていただきたい作品です。

黄色みがかった色

精製度の低い原料を低めの温度で溶かしているため、やや黄色みがかったアンティークガラスのような色を
しています。

どこか懐かしさもあり、あたたかみを感じるのはこの色味だからなのかもしれませんね。

使い勝手が良いサイズ

鳴門グラスはその名の通り、底を覗いてみると渦を巻いたナルトのように見えるデザイン。

とげとげとした見た目とは違い、触れてみると触り心地と手にしっくりと馴染む感覚があります。

波のような凹凸と手作りだから生まれる歪みは、ひとつとして同じものは現れません。

窓際や照明に当てたときにできる光の屈折もそれぞれ異なります。

鳴門グラスは、毎日のお茶やお水を飲むときにも気軽に使え、来客用としてのグラスとしても
一目置かれるような素敵なデザインです。

サイズも程よく、使い勝手の良いグラスです。
 
縦にスッと伸びたスタイリッシュな印象のグラスです。

底からみると渦を巻いた鳴門のように見ます。
丸い跡は吹きガラス制作工程でできる特徴のひとつです。

大きさの違う鳴門グラスもご用意しています。


 
▼安土草多 鳴門グラスはこちら▼



ロックグラスグラス
鳴門



鳴門グラス

 



ハイボールグラスグラス
鳴門


サイズ 約直径60mm×高さ95mm
※個体差がおおきい作品になります。
素材 ガラス
重量 約125g
ご注意 ●お色はモニターやブラウザなどによって、実際の物と異なる場合がございます。
●ひとつひとつ手作りの為、大きさ、形、色がひとつずつ違うことをご了承下さい。
●個体差が激しい商品になりますのでご留意ください。
●片口、花器、酒器はあえて同じ形にはつくられていません。 同じ雰囲気を持ちますがサイズも違い一点ものに近いです。
●底に傷のような丸い跡が残っていることがありますが、制作途中にできるもので吹きガラスの特徴の一つです。
●製作途中に出来た、気泡、鉄粉(黒い粒)、ごく細かな傷などがあります。
関連商品 安土草多
グラス ガラス食器

 

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

brandlist